○一部事務組合下北医療センター職員の営利企業等の従事制限規程

昭和46年4月1日

訓令甲第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、一部事務組合下北医療センター職員の営利企業等の従事制限の許可基準に関する規則(昭和46年一部事務組合下北医療センター規則第9号。以下「規則」という。)の規定に基づき、職員の営利企業等の従事制限についての手続及びその措置に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可)

第2条 職員が、規則第3条から第5条までの許可を受けようとするときは、許可願(様式第1号)を管理者に提出しなければならない。

2 管理者は、前項の許可願に対し、支障がないと認めたときは、許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(廃止届)

第3条 前条の規定による許可を受けた職員が、次の各号のいずれかに該当するに至った場合は、廃止届(様式第3号)を管理者に提出しなければならない。

(1) 許可された理由が消滅した場合

(2) 公務に支障がある場合

(3) その他営利企業等の従事の必要がなくなった場合

2 前項の届出により、前条の許可は、取り消されるものとする。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

画像

画像

画像

一部事務組合下北医療センター職員の営利企業等の従事制限規程

昭和46年4月1日 訓令甲第2号

(昭和46年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和46年4月1日 訓令甲第2号