○一部事務組合下北医療センター職員表彰規程

昭和52年7月16日

訓令甲第1号

(目的)

第1条 この訓令は、地域住民全体の奉仕者として、他の模範とすることのできる職員を表彰することを目的とする。

(表彰の種類)

第2条 表彰の種類は、永年勤続表彰と特別表彰とする。

(永年勤続表彰)

第3条 永年勤続表彰は、20年以上及び30年以上在職した職員その他これに準ずる者について行う。

(在職年数の計算)

第4条 在職年数は、月をもって計算し、中断した場合であっても前後の年数を通算し、6月以上の端数を生じたときは、1年とする。

(特別表彰)

第5条 特別表彰は、次の各号のいずれかに該当する者について行う。

(1) 自己の危険を省みないで、その職務を遂行した者

(2) 職務上有益な研究、発明、改良、考案又は有益な献策をした者

(3) 職務について抜群の努力をし、その功績が顕著である者

(4) 災害を未然に防止し、又は災害に際し功労があった者

(5) 職務外に関することで職員の名誉を高揚した者

(6) 前各号に掲げる者のほか、管理者が特に表彰することを適当と認めた者

2 前項に定める者のほか、部、課等(以下「団体」という。)前項第2号第3号第4号及び第6号のいずれかに該当するものと認めるときは、これを表彰する。

(審査委員会)

第6条 管理者は、表彰に関する事項について審査させるために表彰審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の組織)

第7条 委員会は、事業本部事務局職員をもって組織する。

2 委員長は、本部長をもって充てる。

3 委員長に事故があるとき、又は欠けたときは、事務局長がその職務を代理する。

4 会議は、委員長が招集する。

(関係課長等の出席)

第8条 委員会は、審査のため必要と認めるときは、関係のある課長その他の職員の出席を求めることができる。

(表彰の方法)

第9条 表彰は、表彰状及び記念品又は賞金を授与して行う。

2 表彰を受けるべき者が死亡したときは、死亡の前日にさかのぼってこれを表彰し、表彰物件は遺族に授与する。

(表彰状の返納)

第10条 表彰を受けた者が刑に処せられてその職を失い、又は懲戒処分によってその職を免ぜられたときは、表彰状を返納させるものとする。

2 前項に定めるもののほか、表彰を受けた者が、被表彰者としての体面を汚すような行為のあったときは、表彰状を返納させることができる。

(表彰の時期)

第11条 表彰は、原則として毎年10月1日に行うものとする。ただし、必要に応じて随時行うことができる。

(表彰の手続)

第12条 第3条又は第5条の規定に該当する者があるときは、各施設長(これに相当する職務にある者を含む。)は、職員表彰内申書(別記様式)に関係書類を添えて管理者に提出しなければならない。

(人事記録)

第13条 表彰を受けた者は、人事記録に登載するものとする。

附 則

1 この訓令は、公表の日から施行する。

2 第3条の規定による在職年数は、組合設立の日以前に組合組織市町村(以下「市町村」という。)の職員であった期間をも通算する。ただし、この規程の施行の日の前日までにおいて市町村より永年勤続表彰を受けた者については、この規程により表彰を受けたものとみなす。

画像

一部事務組合下北医療センター職員表彰規程

昭和52年7月16日 訓令甲第1号

(昭和52年7月16日施行)