○一部事務組合下北医療センター職員被服等貸与規則

昭和46年4月1日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、一部事務組合下北医療センター職員(以下「職員」という。)に対する被服等の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸与する職の範囲、貸与品の種類等)

第2条 貸与する被服等(以下「貸与品」という。)の貸与すべき職員の範囲、貸与品の種類、数量及び貸与期間は、別表のとおりとする。ただし、管理者が必要と認めるときは、貸与期間を伸縮し、又は一部を貸与しないことができる。

(貸与期間の計算)

第3条 貸与期間の計算は、貸与された日の属する日から貸与期間満了の末日までとする。

2 中古品を貸与された者の貸与期間は、前被貸与者の残存貸与期間とする。

(貸与品の交換)

第4条 貸与期間が満了したときは、貸与品と交換に代品を貸与する。

2 前項の場合において、従前の貸与品は、状況により、職員に支給することができる。

(貸与品の取扱い)

第5条 職員は、貸与品を良好な状態に維持保全しなければならない。

2 貸与品は、当該貸与に係る職務に従事するとき以外に着用してはならない。

3 貸与品の補修、洗濯等に要する費用については、管理者が特に認めるもののほか、被貸与者の負担とする。

4 貸与品を故意又は過失によりき損し、若しくは紛失したときは、その修繕に要する費用又は別に定める金額をもって弁償しなければならない。

5 職員が退職、配置換え等により貸与を受ける資格を失ったときは、貸与品を直ちに返納しなければならない。

(共用被服)

第6条 管理者は、職員に職務上共用させるため貸与品以外の被服等(以下「共用被服」という。)を備えて置くことができる。

2 共用被服の種類、数量及び備付けを必要とする勤務箇所は、別に定める。

3 前条第1項第2項及び第4項の規定は、共同被服を使用する職員について準用する。

(実施の範囲)

第7条 この規則の被服等の貸与については、すべて予算の範囲内において実施するものとする。

(雑則)

第8条 この規則の施行について必要な事項は、別に定める。

(特例)

第9条 この規則の施行に関して、組合の設置する病院、診療所に勤務する者のうち、その施設がむつ市以外の行政区域に設置されてある病院、診療所に勤務する者に対して、当分の間、前各条の規定にかかわらず、それぞれの施設の所在する町村の当該規則を準用することができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(平成14年規則第3号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

職種

貸与品の種類

数量

貸与期間

医師 歯科医師

シングル診察衣

(ドクターコート)

4枚

2年

スクラブ

白ズボン

4本

2年

薬剤師

ダブル診察衣

4枚

2年

スクラブ

白ズボン

4本

2年

補助帽

4枚

2年

白シューズ

2足

1年

栄養士

シングル診察衣

4枚

2年

スクラブ

白ズボン

4本

2年

白シューズ

2足

1年

調理師 調理員

調理衣

4枚

2年

白ズボン

4本

2年

調理帽

4枚

2年

白ゴム前掛

2枚

1年

白ゴム長靴

2足

1年

白シューズ

1足

1年

診療放射線技師 臨床検査技師 臨床工学技士 理学療法士 作業療法士 視能訓練士 言語聴覚士 歯科衛生士 歯科技工士 理学療法助手

シングル診察衣

4枚

2年

スクラブ

白ズボン

4本

2年

白シューズ

2足

1年

保健師 助産師 看護師 准看護師 看護助手 技術職員 技能職員(施設の整備保守業務に従事する者を除く。)

スクラブ

4枚

2年

白ズボン

4枚

2年

白シューズ

2足

1年

臨床心理士

シングル診察衣

2枚

2年

事務職員(白シューズは、外来クラーク事務に従事する者に限る。) 電話交換手

シングル診察衣

2枚

2年

白シューズ

2足

1年

施設の整備保守業務に従事する者 自動車等の運転業務に従事する者

作業ジャンパー

2着

2年

作業ズボン

2本

2年

一部事務組合下北医療センター職員被服等貸与規則

昭和46年4月1日 規則第18号

(令和2年1月30日施行)

体系情報
第4編 事/第4章 職員厚生
沿革情報
昭和46年4月1日 規則第18号
昭和48年11月2日 規則第10号
平成14年3月29日 規則第3号
平成21年3月30日 規則第8号
平成22年3月30日 規則第4号
平成24年3月30日 規則第3号
令和2年1月30日 規則第2号