○一部事務組合下北医療センター職員の特殊勤務手当に関する条例

平成6年3月30日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項及び一部事務組合下北医療センター職員の給与に関する条例(昭和46年一部事務組合下北医療センター条例第13号。以下「給与条例」という。)第13条の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関する事項を定めることを目的とする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 診療等手当

(2) 放射線取扱手当

(3) 夜間看護手当

(4) 特殊疾病取扱手当

(診療等手当)

第3条 診療等手当は、診療施設において医師又は歯科医師として医療に従事する職員に支給する。

2 前項の手当の種類及び額は、規則で定める。

(放射線取扱手当)

第4条 放射線取扱手当は、エックス線その他の放射線を人体に照射する作業に従事する職員(医師及び歯科医師を除く。)に支給する。

2 前項の手当の額は、1日につき230円とする。

(夜間看護手当)

第5条 夜間看護手当は、診療施設に勤務する助産師、看護師、准看護師又は管理者がこれらに準ずると認める職員が、正規の勤務時間による勤務の全部又は一部が深夜(午後10時後翌日の午前5時前の間をいう。)において行われる看護等の業務に従事したときに支給する。

2 前項の手当の額は、その勤務1回につき18,250円を超えない範囲内において規則で定める。

(特殊疾病取扱手当)

第6条 特殊疾病取扱手当は、感染症患者に直接接する職員で管理者の定める者に支給する。

2 前項の手当の額は、1日につき290円とする。

(併給禁止)

第7条 給与条例第7条の規定により給料の調整額を受ける助産師、看護師及び准看護師には、特殊疾病取扱手当は支給しない。

2 給与条例第7条の規定により給料の調整額を受ける職員には、放射線取扱手当は支給しない。

(特殊疾病取扱手当の特例)

第7条の2 前条第1項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる場所において、新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)第1条に規定するものをいう。以下同じ。)から国民の生命及び健康を保護するために緊急に行われた措置に係る作業であって施設長が定める作業に従事した職員には、特殊疾病取扱手当を支給する。

(1) 新型コロナウイルス感染症の患者若しくはその疑いのある者(以下「新型コロナウイルス感染症患者等」という。)が診療を受けている若しくは受けていた場所

(2) 新型コロナウイルス感染症患者等が入院している若しくは入院していた病棟

(3) 前2号に掲げる場所に準ずるものとして施設長が定める場所

2 前項に規定する手当の額は、次の各号のとおりとする。

(1) 新型コロナウイルス感染症患者等の体に接触して又はこれらの者に長時間にわたり接して行う作業その他施設長がこれに準ずると認める作業に従事した場合 1日につき4,000円

(2) 前号以外の場合 1日につき3,000円

(特例)

第8条 むつ市以外の行政区域に設置されている施設に勤務する職員については、当分の間、この条例の規定にかかわらず、その施設の所在する町村の当該条例を準用することができる。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、特殊勤務手当の支給に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成8年条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の一部事務組合下北医療センター職員の特殊勤務手当に関する条例の規定は、平成8年4月1日から適用する。

附 則(平成11年条例第5号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年条例第5号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第7号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。ただし、第12条の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年条例第5号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第3号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年条例第4号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年条例第4号)

この条例は、平成30年10月1日から施行する。

附 則(令和2年条例第5号)

この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の一部事務組合下北医療センター職員の特殊勤務手当に関する条例の規定は、令和2年4月1日から適用する。

一部事務組合下北医療センター職員の特殊勤務手当に関する条例

平成6年3月30日 条例第3号

(令和2年4月17日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成6年3月30日 条例第3号
平成8年12月26日 条例第7号
平成11年3月29日 条例第5号
平成14年3月29日 条例第3号
平成15年3月28日 条例第5号
平成17年3月31日 条例第7号
平成20年3月28日 条例第5号
平成26年3月28日 条例第3号
平成28年3月31日 条例第4号
平成30年10月1日 条例第4号
令和2年4月17日 条例第5号